小児・マタニティ歯科

山本歯科クリニック

小児歯科小児歯科

小児歯科

歯医者は怖いところ、痛いところ、というイメージはありませんか?
それは、初めての歯医者が痛みをともなう虫歯治療だったからかもしれません。
小児歯科はお子様の虫歯治療も行っていますが、まずは虫歯予防のために定期的に歯医者に通っていただくことをおすすめしています。
初めての診察でお口を開けることができなくても、時間をかけて徐々に歯医者の雰囲気や先生に慣れてもらいましょう。

お子様の虫歯治療お子様の虫歯治療

お子様の虫歯治療

お子様を連れての通院は保護者の方も大変なことだと思います。歯医者を怖がっていればなおさらです。しかし、虫歯は自然に治ることはなく、そのまま放置すると悪影響が出てくるので、なるべく早くご来院してください。

お子様の虫歯を放置することで起こるリスク
周りの歯も虫歯になる
虫歯が進行すると、激痛になる
虫歯治療がさらに困難になり、通院回数や痛みも増す
痛くて満足に食事ができなくなる
噛み合わせや歯並びがずれてくる

子供の虫歯予防子供の虫歯予防

子供の虫歯予防

生えたばかりのお子様の歯は大人の歯に比べると柔らかく、虫歯になりやすいのが特徴です。虫歯菌が出す酸で溶けやすいので、虫歯になった場合は進行も早いです。虫歯予防のために乳歯が生えてきたら、定期的に歯医者に通いましょう。

歯医者の雰囲気に慣れる目的とともに、虫歯の早期発見やスムーズな早期治療につながります。痛さがあまりない早期治療の場合は、通院の回数や費用も軽減することができます。
歯を守って強くしてくれるフッ素も、ご希望がお伺いしながら塗布しております。

お子様を虫歯にしないためにお子様を虫歯にしないために

お子様を虫歯にしないために

虫歯になりやすいお子様の歯ですが、乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫、と安易に考えてはいけません。口腔内に虫歯菌がいると、生え変わったばかりの永久歯もすぐに虫歯になってしまうため、乳歯のうちから虫歯のない状態を保ちましょう。

小さなお子様は歯磨きやうがいなどが一人ではできないので、保護者の方の毎回の仕上げ磨きや生活習慣などへの注意が必要になってきます。
当院では、保護者の方への適切なブラッシング方法をご指導や、歯磨き粉や歯ブラシの選び方などもお伝えします。
また、乳歯が抜けたあとのケアや抜けない場合の原因などの、生え変わりに関する診察もしております。

マタニティ歯科マタニティ歯科

マタニティ歯科

当院は妊娠中のお母さまのために歯科治療や歯周病予防にも力を入れています。
妊娠中は女性ホルモンの影響で口腔内が変化しやすく、また、「つわり」により歯磨きも十分にできないことがあります。
体調の変化や治療に不安を抱いて、なかなか歯医者に通院することが難しく感じるかもしれません。しかし、妊娠中は虫歯や歯周病が進行しやすく、歯周病は早産の原因になるといわれているので、治療や健診を続けるようにしましょう。
体調が安定する安定期といわれる頃に治療を開始すると、出産までに大体の治療を終えられるでしょう。

TOP