入れ歯(義歯)

山本歯科クリニック

歯を失った時の一般的な治療法として入れ歯があります。 入れ歯を既に使っている方で、すぐ外れてしまう、痛みがでてしまうなどのお悩みはございませんか。また、初めての方には他の治療法に比べて入れ歯とはどのようなメリット・デメリットがあるのかが気になりますね。

入れ歯の種類

入れ歯の種類は「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けられます。

総入れ歯
全ての歯を失ったときに適用される入れ歯で、人工床と人工歯が歯茎に吸い着いて固定しています。
部分入れ歯
歯を1本~数本失った場合には部分入れ歯となります。部分入れ歯には金属の留め金がついており、健康な歯にひっかけて使います。

義歯のメリット・デメリット

メリット

入れ歯はインプラント治療で必要な外科手術をせずに人工歯を取り付けられます。総入れ歯などの広範囲の治療の場合には手術も大がかりになってしまうので、全身疾患や手術に不安を感じる方には入れ歯治療が向いているでしょう。

また、ブリッジを比べて残った歯を削らずに使用することができるのもメリットです。健康な歯を削るとどうしても歯の寿命が短くなってしまうことがあります。入れ歯は歯を削らずに金属の留め具で固定するので負担が少ない治療法です。
他にも取り外しが簡単にできるので、丁寧なお手入れをすれば清潔感を保つことができます。

デメリット

よくいわれるのが、「食事が美味しくなくなる」ことです。
入れ歯は合わない状態で使用すると噛む力が伝わりにくくなり、食事の味や食感などに大きく影響することがあります。
また、合わない入れ歯の場合は痛みが出たり、外れやすくなったりしてしまうこともあります。それらの不安感から周りの人とのコミュニケーションや外出、旅行などを躊躇ってしまうかもしれません。

また、部分入れ歯の場合は留め具をかけている歯に負担がかかってくることや、金属の留め具が見えてしまい、審美性に欠けることがあります。

保険と自費の入れ歯の比較保険と自費の入れ歯の比較

保険で作った入れ歯が合わないと感じたり、痛みやぐらつきがでたりする場合は自費診療で入れ歯を作ることができます。

自費診療はそれぞれ悩みに合わせた入れ歯をつくるために、より適した床や人工歯の材料を選んだり、相談しながら作りなおしたりすることができます。
具体的にはより薄く作ることができるため、違和感を少なくしたり食事の温度が伝わりやすくなったりします。
他にもぴったりと吸着するものにしたり、金属のバネを使用しないで作ることができます。

TOP